合カギ作成・防犯対策はお任せ!見積もり無料!

HOME > 防犯の知識 1

防犯の知識 1

空き巣はどうやって留守を見抜くのか?

空き巣は、まず目的の家が留守かどうかを確認します。最も多い方法が「インターホンで呼んでみる」で、「人の動きがないか見張る」とあわせると全体の6割以上。またカーテンのしまり具合や、たまった郵便物など、外から見える家の様子も留守確認の大きな方法となっています。

空き巣はどうやって留守を見抜くのか?

空き巣はいつ入ってくるのか?

犯行時刻のピークは、家事に時間をとられ玄関や窓にカギをかけてないことの多い朝方午前8〜10時。ゴミだしなど、ちょっとしたスキも狙われます。次に多いのが、夕方18〜20時と、夜間20〜24時。暗くて動きやすく、また部屋に明かりがつかないので留守確認しやすいのです。

空き巣はどこから入ってくるのか?

戸建住宅の被害例を見ると、役7割が窓から侵入され、その中で最も多いのが直接庭に出入りできる「1階居室の窓」からの侵入です。侵入口は次に玄関、台所・浴室・トイレの窓、勝手口の順で多く、2階建て以上の戸建住宅の9割が1階から侵入されているという報告もあります。

空き巣はどこから入ってくるのか?

空き巣はどうやって浸入するのか?

侵入の手口としては、群を抜いて「ガラス割り」が多く、全体の7割以上。窓ガラスを破りクレセントを外し、窓を開けて侵入する手口がほとんどです。続いて多いのが「カギのかかっていないドアや窓からの侵入(無締まり)」で、この2つで約9割を占めています。

空き巣はどうやって浸入するのか?

空き巣はどれくらい時間がかかると諦めるのか?

侵入に時間がかかればかかるほど、用心深い空き巣犯は犯行を諦めます。侵入を諦める時間で、最も多いのが2〜5分間。つまり5分以上要すると、侵入を諦める確率が高いのです。さらにデータは、侵入に10分間要すると9割以上が諦めることを示しています。

空き巣はどれくらい時間がかかると諦めるのか?

空き巣はどんなときに侵入を諦めるのか?

警察に捕まった泥棒から得られたデータによると、彼らが最も恐れているのは、人の目。犯行を諦める理由も、「近所の人に見られたり声をかけられた」が全体の約6割を占めています。大切なのは、住民相互の連帯感。心がけ次第でできる、防犯の基本です。

キーワールド 武庫之荘店
尼崎市武庫之荘本町3-2-13
TEL06-6438-9967

キーワールド江坂

2号店 江坂にオープン
キーワールド 江坂店
吹田市金田町28-18
TEL 06-6319-9914

安全で安心な社会を目指す

NPO法人
兵庫県防犯設備協会

兵庫県警察

社団法人
日本防犯設備協会

内閣総理大臣認可
日本ロックセキュリティ
協同組合

武庫之荘生活
賃貸物件情報サイト

アーキホーム

武庫之荘の不動産会社アーキホーム
住まいのことならなんでもお気軽にご相談ください。

尼崎・武庫之荘
賃貸物件情報サイト

尼崎・武庫之荘
賃貸物件情報サイト

尼崎の賃貸マンション
賃貸物件情報サイト

尼崎・武庫之荘 優良
新築・賃貸物件情報サイト

menu